Schaffner REACH

  • REACH

    Shaping electrical power

    REACH

    REACHは、産業界が化学物質の健康や環境に与えるリスクを管理する責任を、より重くしています。

REACH

化学物質のリスク管理に関する責任の厳格化

REACHとは。

REACHとは、化学物質の登録、評価、認可及び制限に関する規則(Regulation for Registration, Evaluation, Authorisation and Restriction of Chemicals)です。本規則は、従前のEU(欧州連合)の化学物質に関する法のフレームワークを整理、向上させるため、2007年6月1日に発効されました。REACHは、産業界が化学物質の健康や環境に与えるリスクを管理する責任を、より重くしています。

基本的に、REACHはあらゆる化学物質に適用されます。これには工業過程において使用される化学物質だけでなく、日常生活内で使用される洗剤、塗料や、布地、家具、電気製品等の物品も含まれます。

REACHの目的は以下の実現にあります。
化学物質のリスクからの人類の健康と環境の保護、を向上させること。EU経済内の重要な産業である、化学産業の競争力を高めること。物質の危険性の評価を審査するための、新たな方法を推進すること。欧州連合の域内において、物質の自由な流通を保証すること。

(出典: ECHA)

リンク

シャフナーのREACH宣言のダウンロード


欧州化学物質庁 (ECHA)


欧州委員会