Schaffner RoHS

  • RoHS

    Shaping electrical power

    RoHS

    危険物質の使用制限に関する規制

RoHS

有害物質の使用制限

EU指令2011/65/EU

EU指令2011/65/EU(RoHS-2)(改正前2002/95/EU)は、電気・電子機器に対する一定の有害物質の使用制限に関する規則を定めています。2006年7月1日以後、市場において流通される製品は、以下の制限物質を一定量以上含有しないことが要求されます。

制限物質及び均質材料による重量許容最大含有率(EU指令2011/65/EU Annex II):

  • 鉛(0.1%)
  • 水銀(0.1%)
  • カドミウム(0.01%)
  • 六価クロム(0.1%)
  • ポリ臭化ビフェニル(PBB)(0.1%)
  • ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)(0.1%)

(規制の対象外となるアプリケーションはEU指令2011/65/EU Annex IIIに列挙されています。)

シャフナーグループは国際企業として、2006年7月1日以後RoHS指令を採用し、この規則に従い製品を開発製造しています。シャフナーはRoHS指令への適合をその事業活動の主要な一環として捉えており、制限物質の含有率を抑制するための努力を常に行っています。

製品がRoHSに適合しているかどうかは、デートコードにより確認できます。RoHS適合製品のデートコードにはRが含まれています。デートコードは製品や梱包上のラベル内に、「yywwR(=製品ロットyyww、RoHS適合)」のように記載されています。

RoHS適合製品を判別するため、文書やホームページ上で以下のマークを使用しています。

リンク

シャフナーの標準製品に関するRoHSステートメントのダウンロード

EUR-Lex(欧州のRoHS指令)へのリンク

 

 

中国版RoHS2.0適合ステートメント

中国版のRoHS-2「電気・電子製品の有害物質の使用制限に関する管理方法」は、2016年7月1日から正式に強制化されました。この規制は中華人民共和国域内における電気・電子製品の製造、販売、輸入に関して適用されます。シャフナー及びシャフナー製品に関係する部分は次の通りです。

規制対象物質とその使用制限
中国版RoHS-2規制の規定対象物質及びその制限値は、EU指令2011/65/EU(上記参照)の対象物質及びその制限値と同一です。シャフナーのRoHSステートメントは中国版RoHS-2に対しても有効です。

製品上の「e」マークラベル要求について
中国公式規格SJ/T 11364-2014の第4章、「電気・電子製品の有害物質の使用制限のためのマーキング要求」では、部品のマーキングに関し次の記載があります。

最終製品の製造を補助するために購入された補助的な製品に関しては、供給者はその供給する製品にマーキングを行う必要はないが、マーキングを行うために必要な物質情報を提供しなければならない。

シャフナーは部品製造者であり、最終製品の製造を行っていないため、「e」マーキングはシャフナーに対する要求でないことを確認しています。

リンク

中国RoHS指令のダウンロード(中国工業情報化部の原文)

中国RoHS指令のダウンロード(英訳文)